仮想通貨の基本

仮想通貨の代表格ビットコインとアルトコイン

投稿日:2019年5月9日 更新日:

仮想通貨は、代表的な「Bitcoin(ビットコイン)」の他、「Alternative Coin(アルトコイン)」が存在します。アルトコインの大半は、取引の際の基軸通貨としてビットコインを採用しています。

電子マネーと仮想通貨の違い

現金とは異なる電子的通貨ということで、仮想通貨と電子マネーは混同されやすいかもしれません。

電子マネーは法定通貨(日本円など)をチャージすることで決済手段として使用できます。ただし電子マネーは基本的には日本国内だけでしか使えません。電子マネーを送金手段として使うことも不可能です。

一方で仮想通貨は、全世界の共通通貨としての価値を持っています。もちろん日本円として使うことも可能です。海外への送金に利用することもできます。

世界初の仮想通貨「ビットコイン」

ビットコインの創設者は「サトシ・ナカモト」です。ビットコインの通貨単位の「satoshi」の由来となっています。法定通貨(日本円や米ドルなど)と異なり、P2P(Peer to Peer…ネットワークシステムの一種)にて通貨が発行され、売買取引も行われるのが特徴です。

「その他のコイン」の意味を持つ「アルトコイン」

仮想通貨は前述した「ビットコイン」と「その他のコイン」の意味を持つ「アルトコイン」に分類されます。アルトコインの代表的な銘柄はリップルやイーサリアム、ネムなどがあります。日本の某匿名掲示板由来の「モナコイン」もアルトコインに該当します。

-仮想通貨の基本

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仮想通貨のはじまり~ビットコインヒストリー

仮想通貨のはじまりは、2008年に産声を上げた「Bitcoin(ビットコイン)」です。「サトシ・ナカモト」がネット上に発表した「ビットコイン論文」がきっかけとなりました。 ビットコイン論文 サトシ・ナ …

仮想通貨の用途と種類

仮想通貨はワールドワイドな電子通貨の総称です。海外では「暗号通貨」という名称で呼ばれることもあります。セキュリティ面を最大限に強化することを目的として、暗号化テクノロジーを駆使して開発されたことが由来 …