仮想通貨の基本

仮想通貨のはじまり~ビットコインヒストリー

投稿日:2019年6月10日 更新日:

仮想通貨のはじまりは、2008年に産声を上げた「Bitcoin(ビットコイン)」です。「サトシ・ナカモト」がネット上に発表した「ビットコイン論文」がきっかけとなりました。

ビットコイン論文

サトシ・ナカモトの「ビットコイン論文」の内容は、すでに存在したP2P(Peer to Peer)だけでなく、ブロックチェーンと呼ばれる新技術を利用した電子通貨です。通貨の発行元(日本円なら日本銀行)が存在しない特徴がありました。

この「ビットコイン論文」を読んだ研究者はもちろんのこと、技術的な部分を担うエンジニアが集結して、ビットコインの開発がスタート。最初のブロックが生成されたのは2009年です。

その後もビットコインに対する研究や開発は進行中。ただし創始者であり、ビットコインの通貨単位「satoshi」の由来となったサトシ・ナカモトは、2010年を最後に研究開発の現場から離れています。

5月22日は「Bitcoin Pizza Day」

2010年5月22日に、10,000ビットコインと2枚のピザ(Lサイズ)が交換されたのが、初めてのビットコイン取引と言われています。

もともとは冗談のつもりで、Laszlo Hanyecz(プログラマー)がメーリングリスト(ビットコインフォーラム)に、「誰かピザと10,000ビットコインを交換してくれないか?」投稿したのがきっかけです。

それに反応した別のプログラマーがお店にピザ2枚(Lサイズ)を注文し、投稿者の自宅に届けた後に10,000ビットコインと交換したというのがことの顛末です。この出来事を記念して、毎年5月22日は「Bitcoin Pizza Day」と呼ばれるようになりました。

-仮想通貨の基本

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仮想通貨の代表格ビットコインとアルトコイン

仮想通貨は、代表的な「Bitcoin(ビットコイン)」の他、「Alternative Coin(アルトコイン)」が存在します。アルトコインの大半は、取引の際の基軸通貨としてビットコインを採用しています …

仮想通貨の用途と種類

仮想通貨はワールドワイドな電子通貨の総称です。海外では「暗号通貨」という名称で呼ばれることもあります。セキュリティ面を最大限に強化することを目的として、暗号化テクノロジーを駆使して開発されたことが由来 …