残業代の基礎知識

ウォレットは仮想通貨の保管場所~ウォレットの種類②

投稿日:

仮想通貨の保管場所として利用されるウォレットには、おおまかに分けてホットウォレットとコールドウォレットの2種類があります。インターネットにつながっている方が「ホット」。インターネットから隔離されているのが「コールド」です。

アプリ・モバイルウォレット(ホットウォレット)

アプリ・モバイルウォレットは、名前から想像できる通り、スマートフォンやタブレット端末にインストールできるウォレットです。QRコードが使えるため、お店でのショッピングやサービスの購入代金の支払いの際に重宝します。

ペーパーウォレット(コールドウォレット)

ペーパーウォレットは、その名の通り、紙にビットコインのアドレスや秘密鍵をプリントアウトしたウォレットです。インターネットに接続することが物理的に不可能なため、保管場所に注意することで、安全性が高まります。おすすめの保管場所は銀行の貸金庫です。他者に簡単に見つけられない場所に保管しましょう。

ハードウェアウォレット(コールドウォレット)

ハードウェアウォレットは、USBメモリを思わせるフォルムのウォレットです。5,000円から10,000円台で市販されています。パソコンに接続することで使用可能となります。

パスワードなどの複合的な認証システムで保護されていることから、安全性の高さが特徴です。バックアップも簡単に取ることができます。熱や湿気に弱いため、高温多湿の場所を避けて保管するのがコツです。

-残業代の基礎知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした